スーパーヒーロー戦記見てきましたカーイ!

ネタバレ注意アイキャッチ

1本と思いきや2本立てだった。

スーパーヒーロー戦記

・スランプトウマ「キャラが苦しむシーン書くのつらい(意訳)」
世の中には「かわいいうちの子にはとことん不幸・不運な目に合わせる! それが一番美しく輝くから!」な人もいます。参考までに。

・ユーリ「この本いいぞ」っ「ゼンカイジャー
 賢人「これもよさそう」っ「カーレンジャー
なんで君ら揃ってそんな劇薬勧めるんだよ!!

 ゼンカイジャーに至っちゃスタッフが全力で止めたというのに……。

・福くんが石ノ森章太郎(若)なのは自己紹介の「ショウタロウ」ですぐに解りました。
 さすがに左翔太郎はないしね。
 メイちゃんにデレデレだったのは、姉と仲が良かったからかな?

・ギャグ=ゼンカイジャー、シリアス=セイバー。
 さすがにシリアスターンでゼンカイジャーが茶化すとかはなく、メリハリはしっかり効かせてました。
(そのためか物語の大元はセイバーが担当してましたね)
 ただゲストの出番がその分大きく削られた感じでもあります。
 数が多すぎたのもあるけどね。

・介人がさくっとイマジンたちと打ち解けたの、やっぱジュランたちと付き合ってるからですね解ります。
 ちなみにモモタロスとジュランがこっそりドツキあってたのは確認した。

・時雨、かっこつけてるけど万力にトラウマがあるあたりやっぱりしぐたん。

・倫太郎に胃薬の差し入れを。ゼンカイジャー+イマジンはアホ揃いなのでブレイン担当という名の苦労人。
 ガオーンたちに対して「原色の人」とか言ったり、バックの「ゼンカイジャー」が見えてたりと色んな所で活躍。

オーマジオウ(役:お釈迦様)

・最後の戦闘、レジェンドの声が全部ライブラリじゃないのはちょっとテンション下がりました。
 中途半端に決め台詞を言わせるなら、ちゃんと引っ張ってきてほしかったですね。
 でも要所要所でタイトルロゴ出してくれるのは良かった。
「あ、次こいつらね」ってすぐに解るからね。

とうとう非公式のアキバレンジャー出しおった!ww
 しかもサインくださいとかギアの方もフリーダム!w 痛さは強さ全壊全開!
 ゼンカイジャーじゃなくて敵の方に効果あるってギアの中では珍しくないか?
(ジェットマンは敵味方全員巻き込んでたからノーカン)

・ちゃっかり登場新ライダー。
 そして鴻上会長の無駄遣い(誉め言葉)

「モチーフも使いまわしな戦隊とライダーはオワコン!(意訳)」
 それ言ったらおしめぇよ

・戦隊ロボの集中砲火でライダーの皆さん巻き込まれかけてるの草。

・上空からはライダー全員のライダーキック(+戦隊ロボ)、360度戦隊ロボに囲まれた悪役
 こ れ は ひ ど い

・最後の本郷猛と石ノ森章太郎(若)の会話、ゴレンジャーの海城剛も入れてほしかったな。
 年数だけならライダーの方が長いんだけど、スーパー戦隊も石ノ森先生の作品なんだしね。
 会話自体に重みがあった分、なおさら仮面ライダーだけなのがもったいなかった。
(スケジュールが合ったなら呼べたのかも)

仮面ライダーリバイス(0話)

・研究所襲撃→ベルト見せで終わるかと思いきや、がっつり1話分やってくれました。
 主人公がめちゃくちゃ銭湯好きなので、どこぞの風来坊が遊びに来ていそうですww

・元ネタはLINEスタンプと悪魔と恐竜か。
 初期フォームに恐竜モチーフってなかなかないね。
 ショッキングピンクに火炎ブレスにしっぽビンタ……はっ、アンジャナフ!!

・1人で2人というより、1人と1匹?のライダー。
 悪魔と相乗り(イメージ)ではなく悪魔と契約(ガチ)なようです。
 でもどういう経由で契約したかはまだ不明。

・ノリしかないバイスと突っ込みポジのリバイ。

・メガロドンフォームがまんまディケイド。
 平成がまだしがみついている!

・バイスがお茶らけてるけど、ここ最近のライダー見てるとすぐに重い話になりそうですね。
 ちょい警戒しつつ9月待ちです。

ライダーと戦隊の節目の年なのもあってか、全体的に石ノ森章太郎への敬意を感じられる内容でした。
戦闘とか突っ込みたいところは多々ありますが、最後の会話でうまく丸く収めたなと。
リバイスに関しては上に書いた通り9月待ちです。バイスの明るさが裏目に出ないことを祈りたいなあ。

それではノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です