自殺コインの思い出 ~効率的に回るために必要だった仙人掌たち~

FF14イベント(再演)

こんばんは、千星華です。

 
東京では都知事選真っ最中。
今後の新型コロナへの対策とかもあるし、真面目に選挙に行きたい……んだけど、なんか今回マジで受け狙い系多くね?と他県ながらも「??」な状態です。
投票する方もされる方も真面目にやれよなと思った次第。
 
 
ウィークエンドピックアップ
何とかクリアできました。
でも最近、難易度普通の方がクリア難しいパターンが多いぞどういうことだ。
結構力でごり押ししてるんで、クリアルートが見当たらんと厳しいのです。
 
 
14イベント(再演)
 
今週からFF14イベント(再演)が始まります。
6年ぶりなんで、「今回は初めて!」という人の方が多そうですね。
ブラッドカメリア寄越せとか言ってこないだろうな……?
 
ところで。
このイベントでもらえるコインは、一時期「自殺用コイン」と呼ばれていました。
何故か?
 
 
メタル回しで効率よく回るために使うコインだったのです。
 
 
メタル系コインを使ってのメタル回しは当時も流行っていました。
ただ問題は
メタスラボスコイン
メタスラボスコインがなく、ボスコインも種類が少なくてメタル回しに使えるような余裕はありませんでした。
ですがまともに回っていれば1周10分なので、とてもじゃないが効率的ではなかったのです。
 
そのため、「さくっと全滅できて」「報酬もそれほど使わない」特別ボスコインは重宝されていたのです。
 
メタル回しの時にこれを使うことで、迷宮を省略化→ボス戦で全滅→入りなおしを繰り返していたわけです。
全滅すればHP1になりますが、入った際に回復すれば問題なし。
 
効率を求める人たちは毎日リプレイを繰り返し、コインをかき集めていたわけです。
(ちなみにVロンコイン、「みんな大好きVジャンプ!」では全滅できないので、自殺用コインとしての価値はちょっと低かった様子)
 
 
当時、メタル系コインの価値はボスコインと同じぐらいのそれでした。
数少ないコインを何とか効率よく使おうと、プレイヤーはなけなしの知恵を絞ってあれやこれやと考えていたのです。
(タコメットやバザックスが人気だったのはそういう一面もあったわけ)
 
今ではメタスラボスコインがあり、フィールドモンスターの経験値が見直されたことで、自殺用コインはお役御免となっています。
それらも昔のプレイヤーの苦労や進言があって故。
便利になったなと思う反面、あの時の苦労や作業が懐かしく感じる今日この頃でもあります。
 
 
今年の再演は、コインを求めてリプレイしまくる人は少ないでしょう。
でも昔を懐かしんで、一度ぐらいはやってみてはどうでしょうか?
自分もちょっとやってみようかなと思ってます。
 
それではノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です