初心者への思いやりを考えてみる

エンゼル1

こんばんは、千星華です。
今日は珍しく(オイ)DQ10のお話でも。
まあ昨日9周年だったし、せっかくだから書こうと思ったネタです。

ちょっと前に有名ブロガーさんがYouTubeでこんなのを上げていました。

(勝手に紹介して大丈夫か不安だ)

この動画では悪質初心者狩りというより、「もしかしたら貴方もやってるかもよ?」な警鐘がメインです。
初心者にも楽しんで欲しいという気持ちは良くても、一歩間違えれば余計なおせっかいになるというわけですね。

今も初心者がいるDQ10

9年も続いているDQ10ですが、凄いことに今も「始めました!」という人がちらほら出てきます。
ゲームの方もこれから始める人でもさくさく進められるよう、色んな工夫を凝らしています。
正直、数年前にシロガネを作った時も「超親切になってるな!」と思ったんですが、今だともっと親切になってるようです。

あいにく千星華の周りにはがっちがちの初心者はいませんが、SNSではたまに初心者の感想などが流れてくるので、それを見て楽しんでいます。
新鮮な感動を書いてるのを見ると、こっちも嬉しくなりますね。

エンゼル2
懐かしのエンゼルスライム帽

あと日替わり討伐もらう時、エンゼル帽子被ってる人をちらほら見かけますね。
ほとんどがサブだと思うけど、フリコメに「2021年から始めました!」という文を書いてる人もいるので初心者が全くいないというのはないのでしょう。

初心者への接し方

上にも書いた通り、千星華の周りには初心者はいません。
そんな自分に初心者が近づいてきた場合、心がけていることがあります。

つかず離れずを保つ

相手が「フレンドになりたい」と言えばなるし、「手伝って」「アドバイスが欲しい」と言えば手を貸す。
でも相手が求めてこないのなら黙って見守る。

……まあいつもと変わらんと言えばそうなのですが、初心者が相手なら特にそうするようにしています。
困ったら話を聞ける姿勢だけは、常に持ってるようにしてるつもりです。
(自分がいない時はどうしようもないけどね)

そのうち同じペースなフレを見つけて、その人たちと楽しんでいくだろうし、自分はあまり手を出さないようにしています。

「動画見て初心者と接する方法がちょっと解らなくなった…」という人の参考になれば幸いです。

これから初心者として始める人へ

初心者がここ見るわけないだろという突っ込みはさておき

DQ10はソロでも普通に楽しめるオンラインゲームです。
色々なコンテンツもあるので、自分が楽しめそうなコンテンツを選んで遊べます。

ですがオンラインゲーム上、対人トラブルに巻き込まれる可能性もあります。
逆に自分が対人トラブルを起こしてしまう可能性だってあります。

モニターの向こうには人がいる。
常に相手を思いやった行動を心がける。

これらを守っていれば、初心者マークが外れてもいろんな人が助けてくれるはずです。

 

楽しいゲームライフを。
それではノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です