プリミティベビーガチャと9月アプデ情報について

超襲来報酬

こんばんは、千星華です。

昨日は記事を書きたかったんですが、DQ10の邪神などがやる事が多かったので全然手を付けられませんでした。
メダSのアプデ情報について書きたかったのに(涙)。
 
最近は完全に中だるみ状態で売り上げなども落ちてます。
サービス終了するんじゃないかという不安の中、メダロットニュースは新ガチャと共に9月の情報を引っ提げてアップされました。
今日はそのアプデ情報と個人的に思うところのお話。
 
ハーフアニバーサリー放送の時、今後の展開で語られていた事が実現されるようになるようです。

プリミティベビーガチャ

ラスボスゴッドエンペラーよりも先に登場です。
プリミティベビー性能
 
 
2のトラウマのせいで強ボス扱いされてますが、Pベビー自体は支援特化です。
(取り巻きのゴッドエンペラーが強いのが原因の一つ)
その支援内容も
 
混乱→防御シール
補助チャージ→ハイパーセプト
 
に変えられています。
フォース制御の方もフィールド異常ではなく、射撃攻撃になっています。
 
装甲の高さが目立ちますが、凶悪バステの混乱がなくなってるのでスペナグメノーグやハードネステンのような強さはないと思われます。
(妨害クリア&ディスターバンスの前には泣くしかない。赤ん坊なだけに)
 
せめて脚部の回避が高ければ……。
 

 

超襲来

超襲来

 

メダロットS初の高難度コンテンツです。
今まではボスメダが出るたびに激闘ロボトル扱いの「襲来」戦がありましたが、今後はこれになるのでしょう。
LV限界突破などのレギュレーションが加わるらしいですが、こっちのLVはキャップ解放しないでしょうかね。
 
後、新ルールとして相手のチームを全滅させないと勝利にならない「制圧戦」が加わります。
超襲来はもちろん、9月以降曜日&激闘ロボトルもこれになるとのことです。
これによりドロップアイテムも安定して大量に手に入る……はずです。
(全機倒してもあんまりもらえない時ありますからねえ)
 
今まではMF4回を当ててまとめて倒すようにしていましたが、これからはパワライを始めとした高火力部隊で倒すのが主流になるでしょう。
登録PT数増えたし、地形に合わせたPTを用意しとくのもありかも。
 

 

超襲来報酬

超襲来報酬
 
毎度おなじみなルビーとROMはともかく、不足している合金と上級ロボトル講座が手に入るのはいいですね。
(数は期待できないですが)
 
初出の報酬は「称号」と「カラーチップ」。
称号の方は名刺につけられるもののようです。

これね。

 
内容には触れていませんが、おそらくガチャとかで出てくる二つ名(プリミティベビーだと「原子の産声」)だと思われます。
「〇〇の嫁」系の称号は付けられないでしょう、多分w
 
もう一つのカラーチップは、新機能で使うアイテムです。
説明は↓で。
 

カラーチェンジ

カラーリング

 

過去の作品でできたカラーチェンジが、ようやくできるようになります。
待ってた人も多いようです。
 
今回のカラーチェンジはかなりバリエーションが豊富……というかほぼ無限大です。
対応するパーツのカラーチップがあれば、後は自由に色変えが可能になります。
一式丸ごと色を変えるか、1パーツごとに変えるかはその人次第ですね。
なお全身たらこ色赤にしても、速度3倍になる事はありません。
 
カラーチップは超襲来報酬だけでなく、たまにコンビニ商品に並ぶとのことです(ルビーと交換)。
散々突っ込まれていた「ROM1枚=1ルビー」がなくなるのでしょうか。
 

 

メダニュースについて思う事

最初にも書きましたが、今のメダロットSは中だるみ状態でプレイヤーにも飽きが来ています。

一部の愛好者たちが色々盛り上げている物の、運営の方から今後の見通しについて語られないため、「サービス終了が近いのではないか」という不安も徐々に出てきているようです。
 
そんな中、昨日のニュースは9月以降のアプデについても語られたため、多少なりとも盛り上がりを見せたようです。
 
ちょっとしたアプデ
 
9月のアプデの一つ。地形相性が一発で解るようになります。
 
メダロットSの中だるみの原因の一つとして、「運営が今後の見通しをあまり語りたがらない」というのがあると思います。
新型コロナ問題もあるので、「〇月までにこれこれを実装します!」とは言いにくいのかもしれませんが、それでも多少なりとも
 
・こういうコンテンツを考えている
・この問題はちゃんと解決したいと思っている
 
ぐらい話しても、問題ないのではないでしょうか?
 
今のメダロットニュースは、メダロットSの話題よりもグッズ展開の方に時間を割きがちです。
 
つまり、メダロットSプレイヤーにとっては「情報がないくらい何もない」と思わせてしまうのです。
 
情報のなさはプレイヤーの飽きと失望を招いてしまいます。
せめて今後の見通しについてや、今メダロットSが抱えている問題について触れることが大事ではないでしょうか。
 

 

終わりに

ハーフアニバーサリー情報で語られた超襲来イベントが実装されるため、もう一つ語られた「脚部性能」実装も近いと思われます。

中だるみ状態が解消されたとはお世辞にも言えないので、今後の流れ次第ではさらなる過疎化が有り得ます。
それだけは何としても避けてほしいものですね。
 
それではノシ
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です