野良防衛軍で4回連続で負けて考えた事

勝利パターン

最近は物理魔法両方とも討伐構成が出来て、ある程度野良でも行けるようになりました。

 
 
今でもあまり理解していない人が多ければ防衛すらおぼつかないのが防衛軍です。
現に今日はルファイ、4回ほど失敗しています。中にはぎりぎり敗北どころか残り三分でぼろ負けしたパターンも。
何でだと考えた結果、一つ気になった部分が。
 
 
こちらは勝った展開
勝利パターン
 
見て分かる通り、親玉以外の敵はほとんど片づけられています
 
負けた展開のスクショはないので(今にして思えばスクショ撮っとけばよかった)、自分なりに思い出して付け加えたのがこちら
負けパターン
 
こんな感じでした
描いてないけど鐘も大量に残っていて、明らかに不利状況
数を減らそうにも6体からぶん殴られて何もできずに死亡しました
 
この時、大半が防壁に一直線だったボスに群がっていて、雑魚の処理に回っていない状態でした。
すなわち「誰も雑魚処理に回っていなかった」。
 
ここまでやってそれだけかよ、と思うでしょうけど、今日の負け連続ぶりの理由は恐らくこれ。
ようやくプレイヤー全体で「鐘は潰す」「防壁を背にして戦わない」が浸透してきたようですが、どうも「最後まで徹底的に雑魚処理は怠らない」が浸透しきれてないようです。
侵攻部隊のボスはとても強く、最初から決まった動きをしないと削り切れません。そのため、オートマッチングでボスを倒すのは不可能と言っていいでしょう。
ボスは一定ダメージを与えると動けなくなるのですが、そればかりに固執して雑魚を放置→数の暴力で防衛失敗する流れはヤバいです。
オートマッチングでは討伐は捨て、防衛にひたすら専念する。これを第一に考えた方がいいと思います。
いずれはオートマッチングでもボスを楽々撃破できるほどになるでしょうし、今は無理に全員でボスを殴るよりも防衛成功に努力すべきではないでしょうか。
 
頑張りましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です