飽きる ~プレイヤーの影、ガチャの影~

修正版アイキャッチ

こんばんは、千星華です。

今日明日が仕事納めだという人が多そうですね。千星華は明日が仕事納めです。
ついでに明日シンカリオン映画を見に行こうと思ってます。
仕事が終わってそのまま映画→晩飯の流れなので、帰りはちょっと遅くなりそうですねえ。
ま、いいですがねw
 
しかし、今日は色んな人から大量にお菓子をもらう日だった……。
餌付けされた気分よww

 

DQ10にしろ、MHWIBにしろ、ゲームを長くやり続けていると、「飽きた。運営(会社)何とかしろ」という意見がぽつぽつ出てきます。
要するに「さっさと新しいご飯(コンテンツ)を用意しろ」というわけですね。
 
どれだけ有能なスタッフが揃っていたとしても、大型コンテンツを月1ペースでばんばん出せるわけがない。
それでもプレイヤーは「新しいご飯を用意しろ! でなければ他のプレイヤーも辞めてしまうぞ!(やめるとは言っていない)」とお代わりを要求し続けます。
 
 
出されたご飯を速攻食べるのは悪い事ではない。
だけど、ご飯提供ペースを考えずに平らげた挙句、「飽きるから早くお代わり寄越せ!」と騒ぐのは何故なのか。
 
 
速攻で食い散らかして文句を言うプレイヤーも問題ですが、食事内容が同じような物を出し続ける運営もまた、問題があるでしょう。
 
強敵を出し、その報酬がランダム。
 
最近はこのようなコンテンツを、ちょくちょく見かけます。
DQ10のピラミッド・万魔の塔然り、MHWのマム・タロト然り、報酬をランダムにすることで長く遊ばせようと言うわけです。
 
そのようなコンテンツが出ると、プレイヤーはそのランダム報酬から少しでも欲しいのを手に入れようとするため、効率の良いテンプレルートを作成します。
そのテンプレに沿って報酬を手に入れ、また同じようにテンプレに沿って動く……。
 
 
誰かがこれをこう言いました。「ガチャ」だと。
 
 
ソシャゲでは切っても切れないんじゃないかってくらいにお馴染みの「ガチャ」。
いつしかその「ガチャ」の負の部分を、いろんなところで感じるようになってしまったのかも知れません。
 
 
まあソシャゲが浸透する前もガチャシステムを採用していたゲームはいくつもありますが、ここまでアレルギー染みた嫌悪感を出す人は少なかったように思われます。
ですが今では、ガチャシステムやそれに似たコンテンツは、叩きに繋がりやすいほど嫌われがちです。
欲しい物が手に入るかどうか解らないから。
 
それと同じように
欲しい物がないなら、すぐに終わってしまうから。
 
ステや討伐タイムなどに拘る人なら、効率テンプレに則って延々とやり込むでしょう。
ですが、「それほど気にしないし、適当に良さげなのが欲しいな」という人にとって、ガチャシステムに沿ったコンテンツはそれほど魅力がないのです。
とりあえず強そうなのを拾えば、それで満足。そしてやれるコンテンツが一つ消えるわけです。
 
 
ランダム報酬で釣るのも、そろそろ限界が来ていると思います。
完全に新しいコンテンツを考えることは不可能でも、同じような物を出し続ければ飽きて来ます。
飽きたどうにかしろと騒ぐプレイヤーも問題がありますが、似たようなコンテンツを出す運営にも問題があります。
お互い努力していいゲームを作れるようになればいいんですがね……。
 
 
それではノシ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です