サポに向いた職、自分に向いた職

ネヴァン&ポールスター

こんばんは、千星華です。

徐々に蒸し暑くなってきたんで、マスク付けてると蒸れるわ熱がこもるわで大変です。
後耳も相変わらず痛い。
今年の夏はいつも以上にしんどいことになりそうです。
 
まあ何が言いたいかって言うとサイダーかコーラ飲みたい。
がぶがぶっと。
 
 
今回は昨日の記事の続き?っぽくなってます。
踊りスキル

前回はこちら。

初めに

昨日の記事の最後辺りに「サポ向けな職は他にもあるかも」と書いたんですが、逆に「自分が動かした方がいい職もあるんじゃ」と思ったわけです。
そこで改めて、サポ連れていく際にどういう職がいいのか考えてみようと思ったわけです。
 
ただし、どのような職を連れて行くにしても、目的次第で評価が大きく変わります。
 
単純なLV上げから金策、果てはエンドコンテンツに挑戦など目的は多種多様なので、それに合わせて連れていくべきサポも変わります。
というわけで、ここでは主にストーリークリアなどの一般的な目的で連れていくことを目安にします。
 

 

自分が動かすメリット

これは何と言っても「アイテムが使える」ことです。

特にMPをばんばん使う職に魔法の聖水などを投げることにより、無駄な行動を控えさせることができます。
またいざという時に葉っぱやしずくを使う事で体勢を立て直すことも可能です。
 
他にも厄介な攻撃をする相手を抑えることができるのもメリットの一つ。
サポだと結構自由に動いてしまうんで、適当な相手にスタンするなども普通にあるので、自分がスタン攻撃を持つなら自身で抑えてしまいましょう。
      

 

サポに動いてもらうメリット

AIは判断が一瞬なので、コマンド選択から敵選択までのブランクがほとんどありません。

大量の敵が出てくる無双系バトルだと、選択するタイプの特技だと相手を選ぶだけでも時間がかかりますが、サポだとほぼ一瞬です。
 
またサポに僧侶を入れると、回復スピードもかなり速いです。
「死んだと思ったらザオで起こされていた」なんて事も。
 
昔は間抜けな行動も見られましたが、その都度調整されているので難易度の高い相手もやれるようになっています。
ジャンプできない、アイテムが使えないというハンデはありますが、それを差し置いても使えるのが今のサポです。

 

お勧め?な職は

上にも書いた通り、どこに行くか次第でお勧め職は変わります。

例えば前の記事のように万魔に行きたいならハンマーバトマス、扇踊り子などがお勧めです。
しかしエンドコンテンツのような強敵に挑みたいなら真やいば持ちの戦士が欲しいし、長い時間狩りを続けるならMPを長持ちさせる職が欲しいです。
 
ある程度自由を利かせたい場合、回復役の僧侶、火力系のバトマス、サポートに旅かレンジャーといった感じでしょうね。
バランスも良いので、ちょっと強い敵でも問題なく行けると思います。
 
ちなみに自分がなった方がいい職は、オールマイティに動ける占い、肉入りメリットを大きく活かせる道具、サポーターを呼べる天地、デスなどがいいでしょう。
      

 

最後に

ストーリーボスに難易度選択も加わり、あまりDQ10に慣れてないプレイヤーでもサポさえきちんと揃えればストーリーを進めることができます。

ただそれ以上の事を望む場合、さらなる選別が必要になります。
 
サポに向いた装備と職を用意できれば、その分たくさんの人に雇われると思われるので、色々詮索しつつやってみるといいですね~。
 
あ、ももちー&ルファイはいつも旅と戦士で預けてます。
使いたい人はどうぞ。
それではノシ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です