DQ10、8周年 ~5で改善された3つの事について~

今の3人

こんばんは、千星華です。

昨日は前日~当日の前夜祭でわいわいやってて、寝たのが午前1時前という超夜更かし。
月一の調子悪い時期だったんで寝るか悩んだんですが、友人と喋ってたらそんな時間でしたw
我ながらアホだと思いますが、こういう時じゃないと集まれないのでそっちを優先したくなるのです。
ま、今夜早く寝ることにします。
 
 
実績埋め終了
 
無事に竜兵団の職業実績埋めが終わりました。
面倒だったけど素材は集まるし、たまにドロップアイテムでいいのが来るのでやってるんです。
 
一番苦戦したのが遊び人。
元々攻撃力は低く、気まぐれのキャンセルができないで硬直時間があるの大変ですね。
さすがあんまり役に立たない(公式)遊び人。

さて、DQ10は今日で8年目になりました。
7周年
 
 
バージョン5も始まり、大きくてこ入れされたものもあれば、そのまま放置なものもあります。
その「大きくてこ入れされたもの」のうち、3つについて簡単に振り返ってみました。
 

フィールドモンスターの経験値

良調整入ったと思ってます。
これ以外にも経験値の書の入手方法を増やしたりしたことで、さらなるLV上げの効率化が見込めるようになりました。
ちょっと足りない、でも元気玉もメタル系コインも使うのもったいない。そういう時はフィールドを回ったり経験値の書を使って調整することができます。
 
その代わり、バージョン1で頻繁に起きていた狩場所の取り合いも復活してしまい、それによりダークトロルの見直しがされてしまいました。
それでも魔界のモンスターの経験値&特訓P値上げにより、魔界のあちこちで狩りする人を見かけるようになりました。
フィールドにも人がいると、何となくほっとしますね。まだまだ人がいるなって。
 
今後もフィールドモンスターが見直され、いろんな狩りが発見されていくといいですね。
 

スキル振り分けライン

「100Pを基本ラインとみなし、職業クエと繋げることで無条件習得。以降は各職で割り振り」というスタイルに変わったことで、全員問題なくパッシブが取れるようになりました。
また武器も100Pは無条件習得できるため、職人サブも職業クエをこなせばメタル狩りに連れていけるように。
おかげでサブを利用した経験値稼ぎもできるようになりました。(エンゼル帽子とかね)
 
今までは、パッシブを取りつつメイン職を使えるようにするためにあれこれ考える必要がありましたが、振り分けがだいぶ楽になりました。
使わない職も振り分けてみることで、意外な職の使いやすさにも気づくかもしれません。
レンジャーとかてこ入れされたし、お試しで挑戦してみるのもありかも?
 
また邪神で全エリア回りやすくなったのもいいですね。ベルト取りやすくなったと思います。
周回しない人も全エリア回って、いいベルトを探せますね。
 

達人のオーブ

スキルラインと似たような感じになり、石板などが排除されたので、これまた振り分けが楽になりました。
また耐性宝珠が移動したため、パッシブと上手く組み合わせることもできるようになったのもいいですね。
毒や魅了、吹っ飛びなど上げにくい耐性もちょっとは上げられやすくなったと思います。
装備と相談して上げたいです。
 
ただ、職によって武器スキルか職業スキルのどっちかに偏るため、ポイントが派手にあまるようになった気がします。
まあこれは今後の武器装備調整とかで何とかなる?とは思うので、長い目で見守りたいです。
 
 
というわけで、大きくてこ入れされた3つの事に改めて触れました。
達人オーブは今まで改善を希望されていた分、このようなてこ入れによりだいぶやりやすくなりました。
しかしまだ問題点はあちこちあり、今後もそれらのてこ入れや改善が期待されます。
今後、どんな形で変わっていくか適度な距離で付き合っていきます。
 
それではノシ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です